FUN WAVE ~風の吹くまま、気の向くまま~

funwave425.exblog.jp

鹿児島の小児科受診。

今日は、次男坊を連れて、鹿児島の総合病院の小児科を受診。

現在の次男坊の状態が、抗てんかん薬を減らしていっていい状態なのかどうかを、相談するためです。

私達が発作ではないかと、気になっている動きの動画も撮影して行きました。


その結果、その動きについては、、、


「どちらとも言えない」って~!Σ( ̄□ ̄;)

緊急性のあるてんかんの発作は、
①急に倒れたりして、怪我をする恐れのあるもの。
②身体が何十分も硬直するようなもの。
③できていた事ができなくなっていくもの。

・・・だそうですが、次男坊の状態はどれにも当てはまらない。

なので、慌てて何かをしなくてはいけない状況ではない。
薬を増やすか減らすかして、その気になる動作が変化するかをみるのが一つの方法だろうということでした。

ウエスト症候群の発作が治まって、3年くらい経過を見て異常がなければ、減薬したり断薬したりするらしいので、種子島の主治医の先生の方針でいいんじゃないかと、言って頂きました。


そうそう、専門の先生の、その言葉が聞きたかったんです。


減らしてみて、もし気になる動作がひどくなるようなら、薬を増やすなり変えるなり、という手を打てばよい、とのことでした。

そして、変化がないなら、発作ではない可能性が高いということになるとのこと。

また、私は別のタイプのてんかんに移行していくことを非常に恐れているわけですが、ダウン症の子がウエスト症候群になって、それをACTHなりで押さえ込めた場合、案外そのまま治ってしまう割合が、他の子供に比べて高いという、嬉しいお話も聞けました(^o^)

もちろん、絶対ならないということではないんですけど、それでも嬉しかったです♪

結局、検査とかもなく、納得いくまでお話をさせてもらって、診察終了となりました。

でも、これで安心して次のステップへ進めます!

春には入園を考えている次男坊。
薬が減らせたらすごく嬉しいです\(^o^)/

ひとまず、良かったです!
[PR]
by FUN_WAVE_425 | 2016-12-01 16:58 | 点頭てんかん治療日記